今日もあひる~楽しいあひるとの毎日

<   2007年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧




ぐんぐん

b0115200_21282844.jpg
食事の回数が1日6食になりました。増えたのではなく減ったのです。
午前中3食、午後に2食、寝る前に1食。う○この量も半端ではありません…。なぜ、食べる量とう○この量がそんなに変わらないのでしょう…!?
外に出す前はペットシーツの交換が大変でした。今は昼間は外のあひる小屋にいるので、寝る前に一度取り替えるだけで済んでいます。

木陰のあひる小屋で思い切り走り回り、好きな時に食べて、好きな時に寝て、ぐんぐん成長してます。夜に部屋に入れるとき大きくなってるのでビックリします!朝と抱き上げた感じが全然違うんです!
物凄い速さで成長するので体温調節と栄養管理が大切です。ひよこの時期に栄養が不足すると色んな障害が出て来てしまいます。

サスケと小麦は目を離せない時期は過ぎましたが、孵化後1~2週間くらいまでは、喰う・寝る・たれる、そして走る、を2~4時間サイクルで行っています。私達は1日が24時間ですが、雛のうちは2~4時間が1日のようです。
なので1日お留守番させると、ひよこにとっては1週間もお留守番させられた事になってしまいます。ひよこは母鳥を探して鳴き続け、ご飯もお水もとらず体力をすごく消耗します。

ひよこにとって母鳥から離れる事は最も危険を意味するので、視界からいなくなると大声で呼びます。他に兄弟がいれば寄り添って待つ事も出来ますが、1羽だけだとすごく不安になります。お留守番はひよこが小さいうちは絶対にさせないで下さい!
1羽飼いよりつがいの方が、なにかと飼い易い理由のひとつです。
羽が白くなる頃には時間軸も人間と同じになります。そのくらいに成長すればお留守番も平気です。(すごく嫌がる子もいますが)

食事の回数も成長と共に安定してくるので、生後1ヶ月くらいになれば食事の時間を決めてお水以外は片付けるようにします。5歳のたろ助たちは朝晩2回ですが、最近は1回でも良い位に食べる量が減りました。でも、量を減らしてちゃんと2回あげてます。あひるのシニア食も考えた方が良いかも知れません。

生き餌(魚・虫)は生後1ヶ月くらいまでは与えないほうがいいです。腸内細菌が安定していないので、弱い子は消化不良を起こす場合もあります。市販のひよこの餌やボレー粉、小松菜を刻んだ物で栄養は充分です。
また、可愛いからといって人間の食べ物(調理加工品)を与えてはダメです。欲しがってもあげないで下さい。かといって自分だけ食べて見せびらかしても可愛そうなので、青菜や果物を細かく刻んで手であげると「お母さんから貰った」感じになって良いと思います。

それと紫外線、日光浴が大事です。人間より、栄養の吸収に紫外線を必要とするので、1日20分くらいの日光浴をさせてあげてください。直射日光を避けて涼しい場所で、木陰で遊ばすのが最高です。その際ネコやカラスに充分気をつけてください!

部屋飼いなら空気清浄機の使用もお奨めします。あひるにとって、外よりも家の中のほうが危険な細菌が多いです。どうも部屋飼いの方が感染症が多いような気がします。水鳥だから乾燥に弱いかも知れません。

鳥類は総じて見栄っ張りなので、痛くても辛くても平気を装います。具合が悪そうだと途端に外敵に狙われるからだと言われています。体調が悪い時をいち早く察してあげて、すぐ環境を改善してあげれば少しでも永く一緒に暮らせると思います。
飼っているあひるとシッカリした関係が出来ていて、良く観察していれば、ちょっとした表情も読み取れるようになります。

今回、長くなりました。あひるを10年飼ってて、気がついたことを書きました。
他に何か解った事が出てきたら、また書いて行こうと思います。
[PR]



by ahiyoko | 2007-07-31 18:53

初めてのプール

b0115200_2124525.jpg
たらいで水浴びさせてましたが、120cmプールを買ってきました。
鴨のお母さんがひよこを引き連れてお引越しをする頃より、ずい分大きくなったし気温も高いので、冷たいお水でももう大丈夫でしょう。
昨日は夜遅くまでお留守番をさせてしまったので、今日は思いっきり羽を伸ばさせてあげましょう。

新品のプールなので、まずはひよこをたっぷり泳がせて、途中からぶなちゃんを一緒に泳がせました。ぶなちゃんは歩けませんが泳ぎは得意です。リハビリでたくさん泳がせたので一番上手に泳ぎます。泳ぐ時だけは、自由に動き回れるのでとっても嬉しそうです。

でも、いきなりの広いプールと一緒のひよこにちょっと戸惑っていたようです。でも嫌がる感じはありませんでした。サスケと小麦はぶなちゃんが大好き、しばらく見た目には親子が泳いでいるようでした。

これを何日か続ける事にしまが、にれちゃんとたろ助と一緒に泳がすのはもう少し様子を見てからにします。ひよこが泳いでない時はにれちゃんがプールを独占。よほど広いプールが気に入ったのか、何時間も浸かっていました…。
[PR]



by ahiyoko | 2007-07-30 23:04

はじめてのお留守番

b0115200_7165528.jpg
ウチに来て20日、孵化してそろそろ4週間を向かえるので、お留守番大丈夫かな?ギリギリだな…。

たろ助達はお留守番もすっかり慣れましたが、ひよこ達は私もちょっと不安です。天気予報を見ると気温はそんなに高くないので一応ひと安心。

ご飯とお水をたくさん用意して、ペットシーツの上におが屑を敷き詰めました。ご飯はほぼ1日分の量を用意してお水箱も別にしました。
でもきっと午前中でなくなるに違いない。お水箱もいつもより大きいから、絶対!入り込んで水浴びしちゃうだろうな…。力も強くなって来たから柵を押し除けて出てきちゃうかもしれないわ。帰って来たら部屋中う○こだらけも覚悟しておかなくっちゃ…。

なんとか夜まで、このままで待ってて欲しいと願いつつ…行ってきまーす。
[PR]



by ahiyoko | 2007-07-29 06:15

雨天休日

雨です。小雨なら庭に出してやるのですが、結構本降りなので今日はお部屋あひるです。
たろ助達だけ久しぶりに、あひる小屋でまったりしています。

あひるは水鳥なので、健康なあひるの羽は水をはじきます。少々の雨は大好きで、特に雨上がりの水溜りや道路に出てくるミミズを楽しみにしています。
雨が上がった後は、途端に だせーだせー とウルサイです。
サスケと小麦ちゃんは、まだ産毛。水もはじかず体温調節も完全ではないので、水浴びは暑い日に限ります。

明日は用事があるので、1日お留守番させなくてはならないのです。2日続けて家の中は厳しいかな…?このくらい大きくなれば大丈夫かな?
成長期に外で紫外線を浴びるのは、鳥類にとって体の中で栄養素を作るのに絶対必要不可欠です。広い場所で歩き回るのも内蔵の発達を促します。

中雛と呼ばれる時期で「耳毛」が生えてきました。普段どこに耳があるのか解らないけど、聴力は抜群です。私達には聞えない音も聞えていると思います。この時はウーパールーパーみたいに可愛いです。
b0115200_791431.jpg
毎日メキメキ成長するのでしょっちゅう伸びをします。「う~ん」とやってると、いま成長したんだなと思います。だらしない格好で寝てる姿は、フランス語のお料理の写真を連想させます。
b0115200_793574.jpg

[PR]



by ahiyoko | 2007-07-28 16:38

食欲の夏

b0115200_2128106.jpg
サスケと小麦はすっかりつがいの行動を示しています。つがいはメスが主導権をとります。オスはメスの後を付いて周り、絶えずメスの周りを見張ります。渡りの鴨もリーダーはメスが多いそうです。

食い意地がはってるのもメスの方です。お腹がいっぱいでも食べ続けてしまう癖があるので、飼い主さんは注意です。特に改良されてるあひるは、たくさん食べて太る体質になっているので、成鳥してからの体重増加は要注意です。脚に負担がかかるので、歩けなくなる子が多いです。
たろ助も右足が弱くなり、よく転ぶようになりました。サメ軟骨のサプリメントとスギナの粉末を飲ませてます。

あひる小屋の周りに、今年はミニトマトを数種類植えました。お天気が芳しくなく、実ったトマトはなかなか赤くならずに葉っぱばかりが勢いが良いです。

にれちゃんが小屋の後ろに回ってトマトの葉っぱを食べているのを見て、サスケと小麦も真似を始めました。網の隙間からトマトの葉を引っ張り出して盛んに食べています。…クチバシの届く範囲だけだから、まあいいか。

お野菜好きに育ってくれそうで一安心です。あんた達、お天気が良くなってトマトが次々と色付いてくれば、もっと美味しい思いができるんだよ~。

11/9追加:このつがいはオスのサスケくんが主導権をにぎっている見たいです。メスの小麦ちゃんが後を付いて歩いてます。
[PR]



by ahiyoko | 2007-07-27 18:30

あひるの嫉妬

b0115200_1923228.jpg
あひる小屋から締め出されて、そろそろたろ助達は不満かも知れません。様子を見ていると、たろ助は小屋の外からひよこ達に向かって何やらしゃべっていました。
シャッターチャンスを逃してしまいましたが、どうも文句を言ってるようにしか見えませんでした。

にれちゃんも、ひよこに何度もご飯をあげてるのをを見て、私に文句を言って来ました。そして、美味しそうに食べているサスケと小麦に向かって、フーフーッと威嚇を始めました。
コリャまずい!!
険悪になる前に何とかしなけりゃいけません。

取り合えず小屋の内と外、向かい合わせにエサ箱を置きました。冷たいお水とシャキシャキの白菜で、みんな一緒におやつの時間です。しばしバチャバチャと食べる音がひびきます。美味しい楽しい時間を共有するのが、仲間としての自覚を産み出します。
食べ終わると、たろ助もにれちゃんも「おいしかった~」の顔になりました。さっきの不満そうな態度は消えてます。すっかり忘れてしまっているようです。

しかし、まだまだ一緒にはできません。もう少し大きくなってからじゃないと、いじめられたら大変です。ひよこのうちに「大きいあひるは怖い」と思ってしまうと仲間入りも難しくなります。
明日からはひよこの世話をしつつ、あひる達のゴキゲンも取らなくては!あ~忙しいっ!
[PR]



by ahiyoko | 2007-07-26 19:24

お姉さんが好き

b0115200_19194347.jpg
日中、ひよこは庭先のあひる小屋、あひる3羽は庭の木陰で過ごすようになりました。
サスケと小麦は夜はほとんど私を起こさなくなりましたが、朝ご飯を食べた後はもう、外に出たくてしょうがありません。ピピッピピピッと出してコールが鳴り止みません。

今日は暑かったので小屋の屋根をすだれで覆ってやりました。ちょっと暗くなりましたが、だいぶ涼しいです。サスケは青いタライに自分で入れるようになり、誰に教わったのか上手に水浴びしています。小麦はなかなか入れずタライの周りをグルグル。
オスのサスケの方が体格が良く、水かきも小麦ちゃんよりずっと大きいです。サスケは大きいあひるになるかも知れません。

小屋の中で小さい虫を見つけては、お水で漉して食べるので、あっと言う間にタライの中は真っ黒です。にれちゃんのする事を小屋の中からじ~っと見てたせいかも知れません。

夕方、家の中にあひる達を入れる時、1羽ずつひよこの所へ会いに連れて行くのですが、ぶなちゃんを連れて行った時、なんと!サスケがぶなちゃんに向かって求愛ダンスをしました!まだこんなに小さいのに!?

たろ助やにれちゃんの時は黙って見つめ合ってるだけなのに、ぶなちゃんの時だけサスケは走って来て、嬉しそうに頭を上下に振りました。ぶなちゃんが大好きです。3日間子守りを頼んだせいでしょうか。
こりゃ、来年は間違いなく、たろ助とバトルを繰り広げるでしょう…。

11/9追加:この時大きいほうがサスケと思い込んでいたら、大きいのは小麦ちゃんでした。ぶなちゃんに求愛ダンスをしたのも小麦ちゃん。どんなメスになるんでしょ…。
[PR]



by ahiyoko | 2007-07-25 20:02

ひよこの寝室

b0115200_22463136.jpg
b0115200_2247364.jpg
ウチにやって来た時から、夜はこんな風にして寝せてます。
段ボール箱にバスタオルを敷いてその上にペットシーツをガムテープで止めています。ひよこの内は、まだ、夜中も食事をするのでお水とご飯は置いてあげます。

夜は人間と一緒に晩ご飯の後、羽繕いをして休むので、座って落ち着いた頃に箱の上にタオルを掛けて暗くしてあげましょう。
小さい内は、寝室に箱ごと連れて行ってベッドの横で寝かせます。刷り込み後、いったん親だと信じてしまうと別に寝ることを許してくれません。1羽飼いならなおさらです。

孵化後2週間くらいはぐっすり眠れないと思って下さい。だんだんと食事の間隔が開いて来るので、赤ちゃんのお世話だと思って頑張って付き合って下さい。きっと、早寝早起きの習慣が身につきますよ。

サスケと小麦は最近は夜は静かにしてくれています。寝る前にペットシーツを交換して、お水とご飯も新しいのに替えてやると、朝まで大人しいです。もちろん、朝にはペットシーツはう○こで真っ黒、えさ箱はすっからかんで「ご飯ちょーだい!」と起こされます。

夜も、人間に付き合わせて夜更かしをしないようにしてください。太陽に反した生活をさせているとホルモンバランスが崩れます。成長にも発情にも大きく影響しますので、太陽が昇ったら明るく、夜は沈んだら暗く、なるべく自然に合わせて育てて下さい。
エアコンも季節感が無くなるので程ほどに。先祖は季節を敏感に感じ取って渡りをする、鴨だと忘れないで下さい。

鴨の子は春に生まれて、充分に成長した秋に初めて渡りをします。渡った先で親離れをし、自分の伴侶を探して次の子育てをします。あひるのヒナも、春から初夏に手に入れるのが健康に育つと思います。

ペットショップに頼めば秋でも手に入るようになりましたが、あまりお勧めできません。
秋生まれの子を育てた事がないのでハッキリした事は言えませんが、充分に育っていない時に冬を迎えさせるのはちょっと可愛そうな気がします。
また、夏に充分な栄養を取って紫外線を浴びていないと、体温調節機能も免疫力も弱くなると聞いたことがあります。何となく鉢植えの植物を育てるのに似ているな、と思います。

あひるを飼っててよく、どこで手に入るのかと聞かれます。
私は、ひよこを育てるのなら春に、それも霜の心配のない田植え以降に取り寄せるのがいいと教えます。ビギナーならば、なんとか時季まで待つように頼みます。そしてその期間、待つ間に出来るだけ多くあひるの事を知って欲しいと思います。
[PR]



by ahiyoko | 2007-07-24 22:50

あひる修行

b0115200_7233930.jpg
b0115200_7235986.jpg
ぶなちゃんの子守りも小休止です。今日から庭のあひる小屋で過ごしてもらいましょう。まだ大きい子とは隔離状態ですが、白くなるまで付かず離れず居場所を時々交換しながら距離を縮めます。

柵の中にいる時から、大きいあひるのする事を興味深く眺めていたので、広い小屋に入れてもあひる達の側に居ようとしています。たろ助たちも慣れてきて、ひよこの様子を見ているようになりました。
家の中から気にして見ていると、食後はひたすら走り回っています。小屋の中はおが屑でフカフカなので脚も痛めず安心です。広い場所に移って、自ら虫捕りを覚えたよう、一生懸命ハエを追掛けていますが、捕らえられるのはまだ小さな羽虫です。ミミズをみても食べられる物とは思ってないようです。その内2羽で取り合いが始まるでしょうけどね。

食べる量が日ごとに倍々で増えてきます。ひよこの時期は欲しがったらいくらでもあげて下さい。主食は家禽用の雛のエサ、あひるには青菜も必要なので細かく刻んで与えて下さい。カルシウムが豊富な小松菜が良いです。私はボレー粉をミルでさらに細かくしてお水に混ぜてやってます。鳥類、特に水鳥はカルシウムをどんどん与えて下さい。海の物が良いので貝の殻を潰したボレー粉は最適です。

与えてはいけない物は、ネギ類やアボガドです。鳥にとって毒なのでうっかり口にしないよう気をつけましょう。動物性のエサもひよこの内は避けた方が良いです。ドックフードやキャットフードは油が多いのでメタボリックあひるになってしまいます。何でも突いて口に入れてしまうのでお部屋のお掃除も忘れずに。

食べる量が増えると、それ以上にう○この量が増えます。ペットシーツの交換頻度が多くなり、飼い主の負担が多くなってきます。成鳥するともっと手間が増えますので覚悟して下さい。はじめは可愛い小鳥を飼ったつもりでも、一ヵ月後には大型犬を飼うくらいの手間と空間が必要になってきます。
[PR]



by ahiyoko | 2007-07-23 00:04

急成長

b0115200_7183326.jpg
ひよこがやってきてから4~5日、夜中もご飯やお水で起こされるので寝不足な毎日が続いてました。でも、だんだんとご飯の間隔も空くようになり、昨夜はキチンと眠れました。
寝床の箱にバスタオルを掛けて寝せてるのですが、バスタオルを掛けてる間は騒がなくなり、起きてても小声で話をしています。きっと母鳥の羽の下の感覚だと思います。
私に似て寝坊助になっちゃたのか、朝タオルをめくると「もっと寝てたいわ!」とタオルを引っ張ります。ぶなちゃんのようにお布団好きになるかも知れません。

触られるのがキライな鳥類は、なかなか抱っこさせてくれません。ひよこのうちは体がほにゃほにゃしてるし逃げ足も早いので、無理やり抱っこしようとして強く掴んだり落としたりしがちです。お子様に世話をさせる時は充分気をつけて下さい。

特に上から手を出されるのがキライです。上空から天敵に襲われるような感じに近いせいかも知れません。羽に触れるのが一番嫌がります。羽は鳥類にとって、敵から逃げるための唯一の手段なので、退化して飛べなくなっても自分の羽を大切にします。
下から両手でお腹を包み込むようにすくい上げるのが、体への負担や恐怖心が少なく安全に抱っこできます。

ペットショップから貰ってきた時、印の付いた方がオスだと思っていました。今までつがいで取り寄せた時はいつもオスの方に印が付いていましたから。
でもよ~く観察していると、見れば見るほど逆と思えてなりません。孵化場によって印の付け方が違うのかも知れません。確認しなかった私のミスでした。

ひよこのオスメス鑑別は資格職なくらい難しいです。引っくり返してみてもサッパリ解りません。見た目も同じですからね。でも、性格にオスメスの違いが現れるので見てると段々と解ってきます。
オスはメスの後を追う、メスの方が抱っこがキライ、オスはメスを枕にする、食事の催促はいつもメスから、なかなか寝ないのはオス、などつがいで飼うと差がハッキリとしてきます。

今までの日記で名前を付けたにも関わらず、総称してひよこと呼んで来たのは確信が持てなかったからです。でももう、こっちがメスの小麦ちゃん、こっちがオスのサスケくん!
ピンクのクチバシのサスケくん、やはりぬぼ~っとした性格がたろ助に似ています。将来の兄弟喧嘩が楽しみです。オレンジのクチバシの小麦ちゃんは、お眼々がすごく大きいです。お顔がシッカリしてきて、なかなかの美少女です。にれちゃんが嫉妬しそうです。

無口なサスケにお喋りな小麦、小麦ちゃんはもう早お返事をしてくれるようになりました。頭良いかも知れません。
b0115200_719137.jpg

10/9追加:なんとやっぱり印の付いてた方がオスのサスケ君でした!大雛になって声が変わってきたので解りました。…しかし、なんてメスっぽいオスなんだ。こんなにお尻が大きいオスも初めてです。体格もメスの小麦ちゃんの方が大きいです。オスメスはっきり判明した今も行動はあべこべです。2羽ともびみょ~に発情が始まったみたいだし、もう少し見てみましょう。
[PR]



by ahiyoko | 2007-07-22 22:52

これまで10羽以上のあひる達と共に暮らしてきました。どのあひるも違う性格、違う性質、楽しい思い出ばかり。2008年までは普通のあひる写真日記。2010年~2014年はあひるの4コマ漫画です。
by 古青
プロフィールを見る

検索

ランキング&お薦めリンク

投票*ランキング
WEB COMIC RANKING
にほんブログ村・鳥ブログへ





ハンドワーク雑貨
オーガニックリネン・コーヒーフィルター

ダーニングマッシュルーム

ディスプレイBOX

木製糸巻きの一輪挿し-bloombobbin

みにみに・プレートスタンド-

ふち編みコットン・バブーシュカ

ワイヤー輪切りchair




↓作ってみてね♪
【段ボール箱で作る紙芝居舞台】冊子・通販ページ




お役立ち↓
【此葉家/お料理レシピメニューページ】

【此葉家/手工芸メニューページ】




あひるネットワーク
あひるネットワーク

↓あひる飼いマニュアル
アヒル飼いになる―飼い方から実例、しつけ、卵レシピまで

twitter

ブログジャンル

最新の記事

今と昔のあひる達、blog移..
at 2016-04-30 13:51
年末の買出し
at 2014-12-30 00:00
歳むかえ
at 2014-12-26 00:00
時計がわり
at 2014-12-23 00:00
暴風雪警報
at 2014-12-19 00:00
レームダック
at 2014-12-16 00:00
アヒルミクス
at 2014-12-12 00:00
あひる温泉
at 2014-12-09 00:00
寒波到来
at 2014-12-05 00:00
小春日和り②
at 2014-12-02 00:00